メッセージ

代表取締役社長 谷口 智宏

東レ向け事業を基幹として、中部地区企業様に向けて、更なる事業拡大・成長のために若い皆さんの力に大きな期待をしています。

中部地区の東レ(株)5工場の設備設計・施工・保全・設備診断の基幹事業を要に、中部地区の企業様へのエンジニアリング・機器製作・建設にも取り組んでいます。

当社は東レエンジニアリング株式会社(東レ株式会社100%出資企業)の100%出資で、19942月に設立されたエンジニアリング会社です。東レグループの一員として、安全・衛生・防災・環境保全・CSR・法令遵守を、最優先とする経営理念を持って、企業活動に取り組んでいます。

 東レが中部地区に持つ5つの工場(※)の設備設計・施工・保全・設備診断業務を担う施設・保全事業が当社の一つの大きな柱で、安定した経営基盤の要となっています。(※名古屋事業場:名古屋市港区、愛知工場:名古屋市西区、東海工場:東海市、岡崎工場:岡崎市、岐阜工場:岐阜県神戸町)
 もう一つの柱がプラント・産機事業です。地域密着型(愛知県、岐阜県、三重県が主な活動範囲)で中部地区の中心産業である自動車業界をはじめ、化学・エレクトロニクス・医薬・エネルギーなど、さまざまな分野の企業様からご依頼を受けて、製造ライン・製造設備の構築、性能評価・検査装置のプランニング・開発・設計・製造・据付・メンテナンスまでトータルに展開しています。今後は、このプラント・産機事業を更に大きく成長させ、日本そして世界でも通用する会社にしていこうと考えています。

今年は人財育成の年とし、総合保全センターと言う教育・研修の場を作り、経験豊富なベテラン社員の高い技術を、若い人たちに受け継いで欲しいと考えています。

 当社は20182月に設立24周年を迎えました。その年数だけを見れば、まだまだ若い会社ですが、東レおよび東レエンジニアリングの技術と人材を受け入れて来た歴史があります。施設、保全、設備診断、プラント、産機の各事業は34〜52年の技術蓄積があり、多くのベテラン社員に支えられ、当社の根元となっています。その上に、若い人たちによって、東レ向け施設・保全を基幹事業として、中部地区企業様向けのプラント・産機事業を大きく成長させたいと考えています。その概念を、「中部ティーイーケィ(CTE)の木」として下図に示します。

そのために、昨年は26名の新しい仲間を迎えて体制強化しており、今年も更なる強化を計画しています(4月には4名の新入社員も入社)。今年の当社の方針を漢字1字で表すと「育」です。「育成なきところに成長なし」を合言葉に、若手を中心に人財育成を推進して参ります。

 身近に高い技術を持ったベテラン社員が大勢いますから、意欲さえあれば、ベテラン社員が培ってきた技術を短期間で習得できます。高い技術を持つスペシャリストを目指す人にとって、最高の環境が当社にあるのです。また、その環境を更に整えるために、今年は「総合保全センター」という教育・研修の場を建設し、人財育成の本拠地を作って参ります(2019年1月完成予定、下図参照)。

 また、キャリアアップのために、技術士や施工管理技士などの国家資格取得をバックアップしています。資格取得者には、5千円から最高20万円まで、6ランクに分かれた資格取得奨励金を支給します。資格取得を通して、スキルアップにも努めてください。

CTEブランドの確立を通して300億円企業を目指していきます。

 当社の2018年方針は「基幹を要に たゆまぬ挑戦 −先手・手数・スピード・連携−」です。お客様のニーズに応えるエンジニアリング事業を伸ばしていくのと同時に、当社オリジナル商品の開発も進め、社会から必要とされる会社になりたいと考えております。だからこそ若い皆様の柔軟な発想やアイデアに大きな期待をしているのです。
 売上高は2016年度に200億円を超えました。次なる目標は「300億円企業」になること。達成できれば、売上高の半分は東レ向け以外となり、一人前の企業と言えます。そのためにも、皆さんの力を必要としています。

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ