静機器診断[非破壊検査・極値解析]

特徴

  • 設備の腐食、減肉や割れ等を検査することで設備の健全性を評価します。
  • タンクや熱交換器チューブ内面の表面観察およびタンクの溶接部や熱交換器チューブの非破壊検査を駆使して異常データを採取します。
  • 定量化したデータに基づき腐食・劣化原因および他の部位への波及状況を考察し、最適な対策を提案します。

実績例

東レグループ内外の生産設備で次の約5,000件の調査実績があります。

  • 塔槽類・熱交換器の腐食原因調査と最適な対応策の提案
  • 各種配管の劣化原因究明
  • 極値解析法による危険物タンクや配管の余寿命判定
  • 圧力容器、高圧ガス保安法等の法定点検 等

検査機器例

超音波探傷器、磁粉探傷器、浸透探傷剤、渦流探傷器、ひずみ測定器、アコースティックエミッション(AE)等

静機器診断 静機器診断 浸透探傷検査による溶接部の浸透探傷検査

浸透探傷検査による溶接部の浸透探傷検査

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ