損傷解析[破面観察・物性評価]

特徴

  • 損傷した機器を詳細に観察することで真の原因を特定して、再発防止のための最適な対策案を提案します。
  • 詳細な観察は走査型電子顕微鏡や最新の光学検査機器で行います。また、材料特性に対する各測定機器により物性、化学組成等の多方面からも解析します。

実績例

東レグループ内外で発生した設備トラブルに対する次の約3,000件の解析実績があります。

  • 折損した回転軸の破断面観察
  • 腐食した金属材料面の形態観察
  • 破損した材料の特性測定 等
    (材料成分測定、硬度測定、金属組織観察、引張り強度測定 等)

検査機器例

走査電子顕微鏡(SEM)、硬度計、引張り試験機、各種光学顕微鏡等

損傷解析 走査電子顕微鏡による破面観察

走査電子顕微鏡による破面観察

応力腐食割れ品の顕微鏡観察写真

応力腐食割れ品の顕微鏡観察写真

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ