真空樹脂注入機

装置概要

エポキシ系、ウレタン系の高粘度から低粘度までの広範囲な樹脂特性に対応し、1次計量ポンプによる配合比管理、ミキサーによる均一な混合をし、2次計量ポンプによる高精度な樹脂計量・吐出を行い、真空チャンバー内で安定した樹脂注入を実現します。

特徴

脱泡タンク

高真空状態で樹脂を撹拌することにより、樹脂の脱泡を行ないます。
また難脱泡樹脂用に薄膜脱泡式タンクも開発し、高速脱泡を実現します。

1次計量ポンプ

主剤・硬化剤の比率計量及び吐出を行なう。
東レ式セラミックバルブレスポンプにより長期間安定した計量が可能です。

ミキサー

1次計量により比率計量された主剤・硬化剤を均一に混合します。

2次計量ポンプ

混合樹脂を高精度な樹脂計量・吐出を行ないます。
東レ式セラミックバルブレスポンプにより長期間安定した計量が可能です。

カットバルブ

真空チャンバー内のワークへ混合樹脂を注入します。

真空チャンバー

樹脂注入時に気泡の混入を防ぐため、チャンバー内は真空状態に密閉及び保持され、X-Yテーブルによりワークの移動を行い混合樹脂注入位置調整が可能です。

温度管理

各ユニット及び液送配管は熱媒循環及びヒーターにて温度管理を行い、液温の安定を図ります。

洗浄装置

ミキサー以降のユニットは洗浄液とエアーブローで自動洗浄が可能です。

主要構成

液の特性により仕様は異なりますが、代表的な構成は下記の通りです。

  • 脱泡タンク
  • 1次計量ポンプ
  • ミキサー
  • 2次計量ポンプ
  • カットバルブ
  • 真空チャンバー
  • 温度管理
  • 洗浄装置
1次計量ポンプ

1次計量ポンプ

2次計量ポンプ

2次計量ポンプ

真空樹脂注入機

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ