成形装置

装置概要

各種印刷を施した高外観フィルムや高機能フィルムを基材とし、表面に直接加熱・圧着にてオーバーレイする3次元加飾方法です。

成形チャンバー

成形チャンバー

特徴

  • 文字・図柄・画像など印刷フィルムによる多様なデザイン加飾が可能
  • インサートモールド・インモールドよりも深絞り・多品種・小ロット生産が可能
  • 成形機・成形型が不要
  • メッキ・塗装よりも環境性能が高い
  • プラスチックだけではなくガラス・セラミック・金属などあらゆる材質への加飾が可能
  • 従来商品のグレードアップ・意匠変更が可能

成形プロセス

  1. 成形チャンバー内にフィルムをセット
  2. チャンバー内を真空状態にすると共にフィルム加熱を行なう
  3. ワークをフィルムに押し付けて、成形を行なう
  4. 成形チャンバー内を加圧することにより、更にフィルムの貼り合わせを促進
  5. 大気開放
  6. 製品取り出し及びトリミング

フィルム搬送装置(前工程設備)

グリッパー搬送にて原反ロールよりフィルムをシワなき状態で繰り出し、成形装置用治具にフィルムセットを行なう。
フィルムセットした成形装置用治具は手動で成形チャンバーへセットしますが、搬送装置のとの組み合わせにより、原反ロールから成形までの全自動可にも対応。

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ