セラミック乾燥炉

装置概要

熱風によって流動状態にある加熱された媒体流動層内スリラー原料を供給することで、媒体流動槽内で分散しながら、媒体表面に薄膜付着し、熱風と媒体からの熱伝達で瞬間的に乾燥します。
乾燥した固形分は媒体同士の接触により粉砕・剥離され、流動排気エアに同伴されて集塵機で回収されます。

特徴

  • 回収される固形物は微粉となりますので、次工程での粉砕が不要です。
  • 乾燥物の水分ムラがありません。
  • 霧化装置不要で、構造がシンプルです。
  • 大型の乾燥チャンバが不要です。
    (スプレードライヤと比較して1/10以下)

処理材料

  • ジルコニア・アルミナ等のファインセラミックス原料
  • フェライト等の炭酸カルシウム等の無機材料全般

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ